「zero-e」住宅は、機能性と、デザイン性を料率させた高耐震の低燃費デザイナーズ住宅です。 認定低炭素住宅について
  • 高性能、セイズの「zero-e」住宅
  • 充実の標準仕様と品質管理
  • 一生涯続くアフターメンテナンス
  • 「zero-e」に込めたセイズの想い
高性能、セイズの「zero-e」住宅
葛飾・江戸川の地域特性を熟知した設計士が、快適な居住空間を創りあげています。
セイズ株式会社は、土地探しから、設計、施工、販売、またお引き渡し後のアフターメンテナンスまで
自社で一貫して行っており、ご購入後も一生涯のお付き合いをお約束いたします。
地域密着・地域貢献を掲げ、葛飾区・江戸川区を中心にこれまで300棟以上の設計・建築実績。
葛飾・江戸川の地域特性を熟知した設計士が、快適な居住空間を創りあげています。

自社ブランド「zero-e」は、高気密・高断熱・高耐震性能に太陽光や風の流れなど
自然エネルギーを最大限活かしたパッシブデザイン、機能性とデザイン性を両立した一戸建て住宅です。
Q値(断熱性能を表す数値)とC値(気密性能を表す数値)
zero-e」住宅は、「次世代省エネ基準」の等級(最高等級)を大幅にクリアし、2020年に義務化予定の
省エネ新基準もクリアしている高性能省エネ住宅で、「認定低炭素住宅」の認定も受けています。
高断熱・高気密の魔法瓶住宅 住宅の高断熱化による健康改善効果
夏は涼しく、冬は暖かい、一年を通して快適な生活空間を実現。
エアコンで冷やした空気・暖めた空気を逃さず長持ちさせるので光熱費を抑えることができます。
断熱性能が家族の健康に与える影響は大きく、断熱性の高い住宅に住むことで、多くの方が健康の改善を感じています。特に、気管支喘息やのどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。
外気の影響や有害物質をシャットアウト ヒートショックの防止 暖房器具が使えない場合も安心
気密性の高い、いわゆる隙間の少ない家を建築することで、冷暖房の効きがよくなり、効率的な温度調節と光熱費の削減が可能になります。また、騒音・花粉・ダニ・害虫といった外界からの影響もシャットアウト。
仮に室温10℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の急激な温度差を感じます。このヒートショックこそが健康への大きなリスク。
zero-e」は、各部屋の温度差が少ないので、リスクを大幅に軽減することができます。
暖房器具を使用できなかった時でも、Q値が低い住宅ほど室温を高く保つことができ、災害時にも安心といえます。
出典:ライフラインが断たれた時の暖房と室温低下の実態調査 (2011.6評論家 南 三雄)
耐震等級
耐震等級は3段階に分かれます。等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準。
等級2は、その1.25倍、等級3は、1.5倍の耐震性能があることを示します。
認定低炭素住宅とは、次世代省エネ等級4(最高等級)よりも、さらに10%以上省エネ性能が高いため、より一層の光熱費削減が可能で、ご家族皆さまが将来にわたって快適に安心して暮らすことのできる住宅です。
また、下記のような税制上のメリットもあります。
認定低炭素住宅はメリットがたくさん!
セイズは、葛飾区で初めて認定低炭素住宅を設計・建築しました。
2013年、東京都全体の認定低炭素住宅のおよそ10%は、セイズが設計・建築したものです。