売主物件とは?

不動産売買における売主とはその名の通り売主が直接販売している物件であることを表します。
一般の方が売主である場合もございますし、(中古物件や土地の場合など)新築分譲の場合などは法人の場合が一般的だと思います。

そして売主物件と仲介物件を比べた際に一番の違いというとズバリ仲介手数料の有無になります。
売主の場合、お客様との間に仲介業者がいませんので仲介手数料が掛かりません。
その分仲介手数料を含む初期費用が安く、お得になると言えます。

そして当社トラスハウジングでは新築分譲住宅を主に扱っておりますので「仲介手数料のかからない」物件を豊富に揃えておりますので
お客様への金銭的なご負担は少なくなると考えております。

もちろんそれ以外にも施工業者ということでその物件にも詳しいですし、その後のアフターフォローという点でもご安心いただけます。
つまり、売主物件とは仲介手数料無料でお得に購入出来る取引形態といえるのです。

そんなお得な新築分譲住宅はこちらから→売主直販「新築分譲住宅Zero-e」